お祝い作品のご依頼

本日は、お客様よりお祝いとして贈りたいとのことで、お声かけ頂きオーダーを賜らせていただきました。

ご依頼いただきました文字は色紙に、【凜】の1文字。

凜々しさと柔らかさをあわせ持った行書体。』とのご要望を頂きましたので、お客様のビジョン以上の作品を届けるべく試作を繰り返しました。

いつも、ご依頼作品は数点の作品をご提案させていただいております。
それは、お客様の好みに合うものを選んで頂きたいという思いからそうさせていただいております。

私のご依頼作品に対する信念は、

1. 墨は自身の手で磨墨します。(墨の粒子・濃さ・色合いを見極めるため。)
2. 墨液は使用しません。(墨液は退色しやすく長持ちしないため。)
3. ベストと思える作品が書けるまで何枚でも書く。

そして、当たり前ではありますが、数点ご提案させていただくために作風のことなるもの全てに全力を注ぎます。

既存の作品とオーダー作品の決定的な違いは、『既存品は自分の基準を満たすもの』『オーダー作品はお客様の理想を超えること』になります。

それゆえに、1番大切にしていることは、やはり魂のこもった作品をお届けし、お客様に心から笑顔になってもらうことこそが、アーティストとしての使命だと思っています。

いつまでも愛され続ける作品でありますように・・・
ご依頼本当にありがとうございました。

※作品のサイズ・額縁の指定あり・なしにより料金が変動いたします。
詳しくは、お気軽にお問い合わせくださいませ。

※オリジナル作品のオーダーは、『こちらから』。

 

 

お客様オーダー作品

僥倖

お客様よりご依頼をいただきました作品のご紹介です。

この度のご依頼は、”僥倖“の2文字。

僥倖とは、幸運を願い待つことを意味します。
つまり、願わなければ訪れないような幸せですね。
なにかベストを尽くし願いを込める・または、運気を高めるにも良さそうな言葉ですね。

 

サイズは、はがきサイズをご希望とのことで、玄関・リビング・ダイニング・ベッドルームなど場所を選ばず、さりげないインテリアとして映えるサイズかと存じます。

さまざまな場所に飾っていただいて、お楽しみいただけますように・・・
この度は、ご依頼ありがとうございました☆

何かかざりたいけど、和のテイストや絵画とは違うのがほしい・・・と思ってらっしゃる方は、下記のような、アート書道作品・墨象作品など、他の人とかぶらないモダンなテイストの作品がオススメです。

 

 

お部屋に、世界に1つだけのオーダーメイド品を飾ってみてはいかがでしょうか。

※作品のサイズ・額縁の指定あり・なしにより料金が変動いたします。
詳しくは、お気軽にお問い合わせくださいませ。

※オリジナル作品のオーダーは、『こちらから』。

 

 

奇跡の清流

先日、「見えないものが見える川~奇跡の清流 銚子川~」という番組をみました。
それは、驚くほど透明で、コバルトブルーの神秘的な光景でした。

淡水と海水が出会う場所ではお互いの水が混じりあわず、水の中の上下で淡水と海水が分離しているという、光景が鮮明にみえる奇跡。

そんな清らかで・美しくて・何も語らずともうったえかけてくるような書がかけたら・・・
自分の新たな目標ができました。

※オリジナル作品のオーダーは、『こちらから』。

 

 

日本空手道 天合會さまご依頼品

いつも、私の書道をお励ましいただいている、合気道の稽古を道と志す、Sさまからご依頼をいただいた1文字。

それは、伝統ある『江上流空手 日本空手道 天合會』さまの信念。

“遊びの中に学びがあり、遊びきる。”
その”遊”の揮毫でした。

天地人合一(天・人を対立するものとせず,本来それは一体のものであるとする思想,あるいはその一体性の回復を目ざす修養,または一体となった境地。)、よく武道にある対峙するということを出逢うという表現で稽古されている古来の良き武道精神を追求されている、江上流空手 日本空手道 天合會さま。

遊びきるという精神は、書道にも通ずる部分を強く感じたのですが、空手を意識した”遊”を書かねばとイメージを膨らませました。

実は、私の父も空手の有段者であり、その影響からか、私自身も無類の武道・格闘技好きでもあります。
父とよく空手の大会も観戦しにいくのですが、そこから感じたものもヒントとなりました。

“柔らかく動きのあるもの”というリクエストもいただいており、空手の優雅で美しい迷いのない蹴りをイメージして書き上げたものが、こちらの作品です。

Sさま・天合會の先生方にもお気に入りいただけ本当に良かったと思うとともに感謝の気持ちでいっぱいです。

※オリジナル作品のオーダーは、『こちらから』。

 

 

生命の神秘

人は生きている限り、鼓動を刻み続ける。
鼓動は何処からやってきて、何処へ行くのだろう。

やがて朽ち果て刻むことがなくっても、人の記憶の中で鼓動は刻まれ続けていく。
忘れない限り、鼓動は刻み続けられ受け継がれていく。

それが生命の神秘だと思います。

※ご購入は、『こちらから』。

※オリジナル作品のオーダーは、『こちらから』。

 

 

衝撃

衝撃という言葉が好きです。

衝撃的な物・人・出来事、衝撃って人の心に残るんですよね。

衝撃って日本語だと結構しっくりこないことが多い気がします。

例えば、「あの人の作品って衝撃的だよね。」って表現だと、良い意味なのか悪い意味なのか分かりづらい。

では、衝撃を英語にすると、”インパクト”。

「あの人の作品ってインパクトあるよね。」って表現だと、良い意味の方がしっくりくる気がします。

作品って人の心を映し出すものだと思います。

人生は、良いことも悪いこともいろんな事がありますよね。

だから私は、衝撃的な作品を生みだしたいと思うんです。

※オリジナル作品のオーダーは、『こちらから』。

※オフィシャル ウェブショップは、『こちらから』。

 

inspiration

いつも気さくに声をかけてくださるミュージシャンのSさん。

なんとなくFacebookを開いたときにポストされていた新曲。

その曲を聞いた瞬間に、その世界に引き込まれました。

激しくも心地よいサウンド。
1つ1つの音が心の奥に響いてくる言葉なき衝撃。
まさしくそれは、私にとってアート以外の何物でもありませんでした。

この曲から伝わってくるイメージを写し出したい。
そんな衝動に駆られ、「この曲のイメージを書かせていただけないでしょうか。」との私の問いかけにSさんは快諾くださいました。
書き上がった作品を「格好良い!」とおっしゃっていただいた時、音楽と書が共鳴したように感じました。

 

YouTube : Hokahey「Tah I New

観て・聴いて・感じていただければこんなに嬉しいことはありません。

タイタンの学校【書道講義】

昨日は、タイタンの学校の書道講義の初日でした。
熱心な受講者さんばかりで、真剣に取り組んでくださいました。

・書写・書道・習字の違い。
・スランプの時があったのか・その時の回避方法。
・書道以外に感銘を受けたものは。

など、他にも沢山の質問をいただきました。

芸人コースの受講者さんからは、私が課題に選んだ文字から早速”ネタ”をつくってくださり皆さんの前で披露。
笑い声も飛び交う楽しい講義となりました。

講義の動画の様子が、タイタンの学校オフィシャルFacebookページにアップされていますので、ぜひご覧くださいませ。

帰り際には、『楽しかったです。』『書道講義、またやりたいです。次はいつですか。』など嬉しいお言葉も沢山いただきました。
また、お忙しい中、講義に参加してくださった、太田光代社長にも心から御礼申し上げます。